更年期改善ケース1

JUGEMテーマ:女性の悩み

JUGEMテーマ:整体


更年期改善プログラム ケース1

 

更年期専用ケア

 

●2018年  613日初来院

 

患者Aさん 42歳(既婚、2人出産)

 

(通院理由)

生理が四年前から

2か月に一度で量も少なく、

一年前から全く生理のない状態。

病院のホルモン剤で

3カ月に一度強制的に、

生理を来させてる状態。

 

 

(更年期症状)

半年前から緊張するとのぼせる。

慣れない場所での吐き気、頭痛。

悩みやすくイライラする。 

 

 

(治療方針)

急に生理が無くなってしまった為の

更年期症状と考え、

生理周期を1度作り直し、

ホルモンバランスの混乱がないよう

ゆっくり閉経させていく事を目標に

プログラムを開始する。

 

 

●620日 (1週目)

 

前回の施術後、

体温が3日間高温が続いたが、

その後は36度ぐらいが続いている。

のぼせや頭痛などの更年期症状は

ほとんど出なかった。

 

☆なぜ今回患者さんにもう一度生理周期を戻そうと思ったかと言うと、急に生理周期がなくなってしまうと、卵巣から分泌されるエストロゲンが急激に減少していきます。

そのため更年期障害や骨粗鬆症の心配があったため、施術でもう一度生理周期をつくり、ゆっくり閉経させていくことが必要でした。

 

 

●627日 (2週目)

 

前回の施術後、

代謝が良くなり冷えが改善してきた。

今後高温期にしっかり体温が

上がらない場合は、

クラニアルセラピーを

一度受けてもらうよう説明。

 

☆前回お話しした更年期と骨粗鬆症の関係について

40代頃から徐々に卵巣から分泌されるホルモン、エストロゲン(骨の形成、骨を壊すのを抑える)が減少すると、骨密度が低下して骨が脆くなります。

早い時期から適度な運動や食事の改善が、予防につながります。

 

 

●74日 (3週目)

 

今週は人混みに行く事が多く、

ストレスの多い週であった。

その度に頭痛や吐き気があった。

仕事後も頭痛が続き、

体温も上がらなかった。

次回クラニルセラピーを

受けてもらう事にする。

 

 

●718 

 

クラニルセラピー後、

視床下部に良い影響がでたのか、

おりものが3日出るようになった。

まだ、たまに吐き気やめまいは

解消できていない。

 

☆おりものが出るということは生理周期が期待できるので、すごく良い方向に向かっています!GOOD👌 

 

 

●7月24日 (6週目)

 

全体に調子が良く

めまいや吐き気はなかった。

おりものは引き続き出ている。

少し施術期間の間隔を空けてみる。 

 

 

●8月7日 (8週目)

 

前回の施術から2週間後で

骨盤のだるさは何回か感じた。

更年期症状はあまりなく、

おりものは引き続き出ている。                              

 

 

 

●823日 (10週目) 

 

前回の施術後、

体調も気持ちも元気に過ごせた。

 

 

 

●829日 (11週目)

 

前回の施術後調子は良く、

更年期症状もない。

施術前、子宮周りの冷えがあったが

施術後温まり、下腹部の動きも出た。

 

 

 

●912日 (13週目)

 

前回の施術後、更年期症状なく

体温も安定している。

 

 

 

●103日 (16週目)

 

前回の施術後、3週間の間に2、3回

めまいがあった。

病院の検査での数値では閉経とのこと。

施術では引き続き更年期症状の緩和と

これからは骨粗鬆症の予防をしていく。

 

 

 

●1011日 (17週目)

 

前回の施術後、たまに頭痛がある。

骨粗鬆症の予防のためウォーキングを始める。

 

☆この頃からウォーキングを始めて腹式呼吸も自然にできるようになり、更年期症状もあまり出なくなってきました!

 

 

●1017日 (18週目)

 

前回の施術後、更年期症状はなく

落ち着いている。

 

 

●1024日 (19週目)

 

前回の施術後、更年期症状は出ていない。

 

 

●1031  (20週目)

 

2日前に頭痛がひどかったようなので、

施術では頭のリンパドレナージを追加。

 

 

●117日 (21週目)

 

前回の施術後、頭痛やのぼせはなかった。

おりものが再び出てきて3日続いている。

排卵痛も出てきた。

 

 

●1130日 (24週目)

 

前回の施術後、生理がきた。

生理周期が戻ってきている。

このままゆっくり閉経していくことが、

更年期障害の緩和につながることを説明。

 

 

●1220日 (27週目)

 

前回の施術後、更年期症状は出てなく、

おりものは続いている。

 

 

●1227日 (28週目)

 

前回の施術後、生理は来ていないが

おりものは続いている。

更年期症状は出ていない。

 

 

●2019 19  (30週目)

 

正月に食生活や生活のリズムが崩れ、

胃腸炎になり、

今もリズムが戻らない。

お腹周り(子宮、横隔膜)の冷えが

強く動きも悪いが施術後改善。

 

 

●214日 (33週目)

 

前回の施術後新しい仕事を始め、

慣れない環境で気持ちが不安定になる。

不眠や腹痛、食欲不振などの症状が出る。

仕事内容にストレスが多く、

無理をしている様子。

頭のリンパドレナージ後、

気持ちが落ち着いてきた。

 

☆ストレスや不安なことことがあるとどうしても呼吸が浅くなりやすくなります。

こういう時こそ腹式呼吸をしてあげると気持ちが落ち着きます。

私も腹式呼吸をすると全身がポカポカするので自然に眠くなり、気付くと寝落ちしてることも(;'∀')

気持ちも上向きになります。

 

 

●228日 (35週目)

 

前回の施術後仕事を辞めたため、

気持ちの不安定さもなくなり、

更年期症状も出ていない。

 

 

●313日 (37週目)

 

前回の施術後新しい仕事を始めたが、

体調が良く更年期症状も出ていない。

体調の良さや

これから仕事が忙しくなる事を考え、

施術はしばらくお休みする事になる。

再び症状が出たら、

来院してもらうよう説明。

 

コメント